Seaweed Research Journal

Seaweed Research Journal

Nov 26, 2012

鹿児島のロータリークラブで講演

鹿児島中央ロータリークラブにお招きいただき,海藻の講演(卓話)をしました。

要旨はこちらにあります
http://kcrc.dac.ne.jp/contents/shuho/?shuho_mode=viewer&shuho_num=585

研究の話ではなく,海藻の利用に見る「食」についてお話しました。経営者や弁護士などでご活躍の方々を前にお話させていただきましたが,ご関心を持っていただけましたら幸いです。

今年はとある銀行の取引先の会でも講演しましたが,経営者の方々とお話する機会は普段多くありませんので,とても新鮮でした。

Nov 11, 2012

「海洋と生物」で藻類の特集

「海洋と生物」(生物研究社)の10月号で緑色藻類の性に関する特集が組まれています。
海藻研の学生さん:図書館水産分館の新着雑誌コーナーにおいていますので,読んでみて下さい。

特集 緑色藻類の性
須田 彰一郎「祖先型緑色植物の有性生殖」
土金 勇樹・関本 弘之「ミカヅキモの生殖について」
浜地 貴志「精子と卵の起源にせまる-群体性ボルボックス目藻類の有性生殖」
宮村 新一「緑藻植物の配偶子における細胞融合部位の空間配置の性特異性」
西村 芳樹「緑藻クラミドモナスから母性遺伝の謎に挑む」
平岡 雅規「アオサ類の同型世代交代と生殖様式」

http://aquabiology.m78.com/publications/aquabiology/aquabiologymag.html

Nov 2, 2012

Address at a conference of the fisherman's unions in Amami Islands(奄美群島漁業振興大会で講演)

Addressed at an annual conference of the fisherman's unions in Amami Islands.


奄美群島漁業振興大会で藻場の保全に関する講演をしました。ご招待下さいました鹿児島県大島支庁林務水産課のみなさまに御礼申し上げます。

奄美大島から与論島までの漁業者や行政関係者が参加しました。まさか名瀬の懇親会で与論献奉(与論島独特の飲み方)になるとは夢にも思っていませんでしたが,楽しいひとときでした(注)。

注:与論島独特のお酒の飲み方で,楽しい親睦会となるのがよいのですが,強靱なアルコール分解酵素を持つことが求められます。