Seaweed Research Journal

Seaweed Research Journal

Jun 26, 2009

応用藻類学会のシンポジウム

日本応用藻類学会のシンポジウムに講演者として参加してきました。温暖化が藻場や海藻産業に与える影響を考えるシンポジウムでしたが,黒潮の流速変化など,大変興味深いお話ばかりでした。

Jun 19, 2009

種子島沖での海藻ドレッジ調査

17日から19日までの3日間,水産学部附属練習船南星丸に乗船し,馬毛島沖で水深30-40m台の海藻ドレッジ調査をおこないました。

船員さんの完璧な仕事にいつも感謝です。

波もおだやかで船酔いになることもありませんでした。笑顔のI井さんとK森さん。あ,A野君も。

たくさん採集することができました。よかったですね,K森さん。

途中天気は崩れましたが,波はおだやかでした。左はもう一名の院生,T屋君です。

南星丸の皆様に御礼申し上げます。

Jun 15, 2009

苓北町での調査

日曜日に黒島から帰ってきて,今日は熊本県の苓北町で調査です。鹿児島から片道5時間かかりますが,明日は講義なので日帰りです。

ジョロモクとヤナギモクの南限群落ですが,魚の群れと一緒に撮影することができました。T井さんのベトナム海藻図鑑の表紙と似ていますが,ご容赦を。

これも藻場の重要性を感じることのできる写真です。

Jun 14, 2009

黒島での調査

薩摩半島の南部にある三島村調査もいよいよ佳境となりました。
今回で全行程を終えるべく,4日間の調査で黒島を一周しました。4年生のS木君とM1のA野君が参加です。某スイミングクラブのインストラクターを務めるS木君,SCUBAでもスイミングキャップ着用です(左側の人物)。

ここも魚影の濃い島でした。

エツキシマオオギ。水深10m前後の場所に見られました。

採集するA野君。頑張ってくれました。

登り便のフェリーみしま

調査は予定通りに終了し,3島での春の調査が終わりました。交通の便の悪い離島ですが,手つかずの大自然の残るこの村が大好きになりました。村の出張所の向かいで海藻を広げてソーティングしましたが,お騒がせしてすみません。島民の皆さんもとても親切で,温かさに触れることができました。遊びでも来たいところです。

たぶんこれで集落の人口の3割くらいでしょうか。

Jun 9, 2009

基礎生産学実験(海藻)が始まりました

前期の学部講義・実習は,水産植物学と海洋多様性生物学実習(分担),基礎生産学実験(分担)を担当しています。基礎生産学実験はプランクトンと海藻のパートから構成されていますが,私の担当部分が今日から始まりました。

全員水産植物学を受講していますので,講義の内容を生の材料で観察していくことになります。皆さん,頑張っていきましょう。

Jun 8, 2009

串木野でのライン調査


串木野でライントランセクト調査をしました。若い頃はそれほどでもありませんでしたが,300mのラインをひとりでするのはさすがにしんどいですね。二往復はタンクがもたないので,ラインを巻きながら10mごとに記録,撮影で乗り切りました。

Jun 5, 2009

ヒジキの生殖器床

鹿児島県北西部の長島でヒジキの生育調査をしていました。すでに収穫後でしたが,残った個体を採取して研究室で観察したら,生殖器床に卵が入っているが見えました。幼胚の抱卵はまだのようですね。

Jun 3, 2009

竹野調査

前回竹野町を訪れたときは荒天でしたが,今回は幸いべた凪でした。沖の瀬で調査です。

ジョロモクやホンダワラ類,クロメのすばらしい藻場でした。日本海の藻場で潜る機会は滅多にないので,とてもよい経験になりました。やはり潮間帯は薄いですね。

Jun 2, 2009

淡路島での調査

環境関係の調査で兵庫県の淡路島に来ました。K戸大のK井先生を筆頭に,S産大学校のM瀬先生,M重大のK島先生など,各大学の藻類研究者が集まっての合同調査です。ここではカジメとヤナギモクの生育状況を調査しますが,下草も豊富なところでした。

タマゴバロニア:海底で黒光りする美しい海藻です。

スギノリ:普通に見られる種類ですが,青白く光ってきれいですね。
ここは水深が浅くうねりに弱い場所でしたが,天候に恵まれて予定通りに調査を終了することができました。今日は淡路で宿泊・・・という訳でなく,ここから大移動が始まります。

明石海峡大橋を超えて走り続けること数時間・・・・日本海側の豊岡市竹野町まで来ました。明日の調査に供えてここで宿泊です。

国民Q暇村の夕食バイキングに海藻がありました!

fulvellum?その場で同定しましたが,忘れちゃいました。なかなかのお味です。