Seaweed Research Journal

Seaweed Research Journal

For Prospective Students(研究室に興味のある学生の皆さんへ)

On behalf of the Marine Botany Lab,  Ryuta TERADA welcomes all of the prospective students who would like to study in the field of Phycology at Kagoshima University. Laboratory is located at the Shimoarata Campus of Kagoshima University, Kagoshima City.


We have various projects to elucidating the specific diversity, life history, and ecology of marine algae. We can also focus on the corals, seagrass and their ecosystem as well as seaweeds. Recently, we have also received the grant from Japanese government regarding the influence of climate changes.
We also welcome the students from foreign countries. However, certificate of English ability and reservation of the scholarship are strongly required by own activity. 

水圏植物学研究室では,学内外を問わず研究を希望する学生さんを歓迎します。

研究室では,熱帯・亜熱帯性海藻の種多様性や生活史,海藻群落の維持機構に関して広く研究しています。対象物は海藻に限らず,海産顕花植物やサンゴ,生態系そのものを扱うことも可能です。近年では,温暖化等の環境変動が海産植物の群落形成や種多様性におよぼす影響を多方面で研究しています。

4年生は,鹿児島大学水産学部水産学科水産生物・海洋学分野および教員養成課程の学生さんを受け入れています。大学院では学内のみならず,学外の学生さんも受け入れています。

最近の主な進路
・公務員(水産試験研究機関)
・教員(中学校,高校理科,水産)
・大学教員,博士研究員
・民間企業(環境アセスメント関係,食品関係等)
・水族館(九十九島,城之崎,かごしま等)