Seaweed Research Journal

Seaweed Research Journal

Nov 29, 2013

南薩地区水産振興会で講演

薩摩半島南部の枕崎市に来ました。台場公園で磯の状況を観察後,枕崎市水産センターで藻場再生の活動について講演しました。


Nov 24, 2013

Sargassum forest in Amakusa(天草で藻場調査を実施)

Sargassum micracanthum (top) and Sargassum macrocarpum (bottom).....There were beautiful Sargassum forest in Amakusa, Kumamoto Prefecture. 


Sargassum micracanthum

Nov 21, 2013

Sargassum fusiforme in Sakurajima(桜島でヒジキの生育状況を調査)

New shoots of Sargassum fusiforme, known as Hijiki in Japanese, have been germinated in Sakurajima, Kagoshima Bay.

Sargassum fusiforme
桜島でヒジキの調査をしてきました。新芽がびっしりと芽生えていました。

Nov 20, 2013

7月に開催したひらめきときめきサイエンスの内容が学術振興会のサイトに掲載されています

7月に開催したひらめきときめきサイエンスの内容が,学術振興会のサイトに掲載されています。下記のリンクをクリックするとpdfがダウンロードされます。
http://www.jsps.go.jp/hirameki/ht25000_jisshi/ht25235jisshi.pdf

Nov 19, 2013

鹿児島の食と健康に関するシンポジウムで講演

「鹿児島の食と健康に関するシンポジウム,進化するかごしまの食材」と題したシンポジウムで講演しました。会場となった鹿児島大学稲盛会館は安藤忠雄氏の設計で,講堂は「卵」の中のような形です。
私は「九州・沖縄の海藻利用から考える~「食文化」と「産業創出」」と題した話をしました。

Nov 15, 2013

Zostera marina(アマモが芽生えの季節)

On Friday afternoon, I checked the current status of Zostera marina at my study site, Kagoshima Bay. There were lots of germinated plants.

新しい実験をそろそろ始めるために、アマモの発芽状況を調査してきました。まだ数センチですが、あと1ヶ月もすれば実験が始められそうです。水温は20℃でした。


Zostera marina is widely distributed in the Pacific, and generally regarded as the perennial plant. However, the ecotype of Kagoshima Bay, southernmost distributional limit in the western Pacific, is known to have an annual life history.

Nov 10, 2013

Seagrass sumitt 2013(全国アマモサミット2013)に院生が参加

大学院生のT谷君が宮城県塩竃市で開催された全国アマモサミット2013に参加し,ポスター発表しました。来年は青森県で開催されるとのことです。



Nov 6, 2013

Sargassum forest in Ko Libong, Thailand

We found a beautiful Sargassum forest in Ko Libong, Trang, Thailand.



Nov 3, 2013

Seaweed & Seagrass survey in Trang, Thailand(タイ・トランでの海藻・海草調査)

アンダマン海に面したタイのトラン沿岸で海藻・海草の調査が始まりました。タイのプリンス・ソンクラー大学の海藻・海草研究グループを中心に,ベルギー,日本の研究者が参加しての合同調査チームです。

Field survey for the seaweed and seagrass biodiversity was launched in Trang that is facing along the coast of Andaman Sea, Thailand. More than ten participants including Belgian, Thai and Japanese researchers are attending to publish the field Guide in this region.

Participants