Seaweed Research Journal

Seaweed Research Journal

Jul 3, 2009

種子島沖での海藻ドレッジ調査(7月)

6月に引き続き,南星丸に乗船して種子島沖でドレッジ調査をおこないました。N崎大学のグレッグ博士も参加です。今回はROVを投入して海底を撮影したり,Imaging-PAMを使ってその場で光合成活性を測定しました。

ただ,初日は数日前からの荒天でうねりが残っており,鹿児島湾の外に出ることができませんでした。指宿市の山川港で避難,待機です。皆さんゼミの準備等に専念しました。

二日目はうねりも収まり,ドレッジ調査をおこなうことができました。梅雨時期なので小雨まじりでしたが,海はべた凪です。

全員でソーティングです。暑かったですね。

夜は西之表港に入港し,PAMの実験をおこないました。採集直後だと感度が全く違いますね。

三日目,ROVを投入して海底の様子を撮影しました。
ヤブレグサ属の一種とスジナシグサの大草原・・・・すごいですね。