Seaweed Research Journal

Seaweed Research Journal

Jul 31, 2009

IPC9のプレコングレス沖縄ツアー

第9回国際藻類学会議(9th International Phycological Congress)が8月2日から東京で開催されますが、そのプレコングレス沖縄ツアーを開催しました。私は採集と研究打ち合わせ用務を兼ねて、28日から流大瀬底実験所に入りました。今年3回目の瀬底島です。

プレコングレスツアーに参加された皆さん

東欧の方が多かったですね。R大のS田先生、T京海洋大のO葉先生、私がお世話係でした。実験所のN野さん、沖縄在住の藻類関係者の方々にもご協力いただきました。

初日は備瀬崎でシュノーケリングをしました。

採集後は実験所でサンプルのソーティングをしました。参加者の方には藍藻や淡水藻を専門とする方が多く、熱帯性の海藻はとても興味深かったようです。

夜は実験所の庭でバーベキューパーティでした。N野さんがシェフとなってバーベキューを仕切ります。3月もそうでしたが、見事な腕前ですね。N野さんによると、沖縄のお父さんは浜辺でバーベキューができないと一人前じゃないそうです。(撮影:O葉先生)
パーティには美ら海水族館に務める研究室の卒業生も参加してくれました。自分の持ち味、専門性を活かしてこれからも頑張って下さい。期待しています。

2日目は瀬底島をボートで一周しました。瀬底のサンゴもかなり回復しているようで、N野さんのご案内で様々なタイプのサンゴを観察することができました。

韓国の院生をつれてSCUBAもしました。ダイナミックな地形と洞窟のあるところで、ここが著名スポット「瀬底ラビリンス」であることを後から知りました。

夕方からは美ら海水族館に行きました。午後4時からは割引料金で入館できるそうですが、お客さんも少なくなって落ち着いて見学できますね。美ら海は夕方がお勧めです。私が今回ここでしたかったことは・・・

ジンベエザメを見ながら一杯(注:午後5時をすぎています。仕事は終わりました)

昼間はとても座れる状況にありませんが、いい席に座ることができました。

最終日は中城城と那覇に立ち寄り、解散となりました。

チェコのラン藻の先生に、牧志公設市場でイシクラゲ(ラン藻)の乾物(モーアーサー)を見せたら、ものすごく喜んで購入していました。

S田先生、O葉先生、N野さん、K藤さん、M本さん、ご協力いただきました全ての皆さんに御礼申し上げます。どうもお世話になりました。