Seaweed Research Journal

Seaweed Research Journal

May 9, 2010

ヒジキの生殖器床が抱卵(幼胚)

長島で採集したヒジキを関すると、生殖器床の表面に幼胚がついていました。
ヒジキは雌の生殖器床内で卵と精子が受精すると、細胞分裂が進んで幼胚になります。幼胚は生殖器床表面に付着して成長し、その後脱落して基質に着生、藻体へと成長します。

幼胚が付着する写真はweb上でもあまり掲載されていませんので、紹介します。3年生の皆さんには、6月下旬の講義で説明する予定です。