Seaweed Research Journal

Seaweed Research Journal

May 14, 2010

兵庫県某所での環境調査

環境の変化をモニタリングする藻場の調査が全国的におこなわれていますが、K戸大学が中心となっておこなっている兵庫県内2ヶ所の調査に参加してきました。

K戸大の他、M重大、S大校、F井県立大、S戸内水研、鹿大の研究者が参加しました。2007年以来毎年おこなわれていますが、野球のオールスターゲームのような布陣ですね。

今年もやってきました。対岸に和歌山市が見える兵庫県南部の某所です。ここは、タマゴバロニアが群生する場所としても知られています。

タマゴバロニア

翌日は日本海側の某所で調査をおこないました。さらっと書きましたが、昨日は自動車で3時間の移動でした。

こちらはうねりの入るコンディションでしたが、第一線でご活躍の方々ですので、無事に調査を終えることができました。調査をサポートしてくれた皆様にも深く御礼申し上げます。

この調査の内容は、本事業を実施している団体のweb siteから後日正式に発表される予定です。