Seaweed Research Journal

Seaweed Research Journal

Mar 29, 2011

富山のウミソウメン(アメフラシの卵)(Egg of Sea Hare)

海藻料理や食材を見ると,迷わず食べたり買ったりしていますが,富山の某居酒屋で「うみそうめん」と書かれたお品書きを見つけました。観光客が入るようなお店ではなく,地元のお客さんで繁盛するお店でした。

During a trip outside Kagoshima, if I could find unique local seaweed food, I always try it. At the Japanese-style pub in Toyama, I found a food written as "UMISOHMEN (Sea noodle in Japanese)", and believed it must be red algae Nemalion vermiculare.


Jeez!!! It was the egg of Sea Hare (Aplys). I have never seen it in Kagoshima.


紅藻のウミゾウメンではなく,アメフラシの卵でした。乾燥させたものを水に戻して調理するそうですが,食感を楽しむ料理でした。酒の肴ですね。

隠岐など,日本海沿岸の漁村では食べる地域が点在するようです。