Seaweed Research Journal

Seaweed Research Journal

Nov 12, 2011

鹿児島県長島町の「いぎりす(イギリス)」料理 (Local seaweed dish in Nagashima Town, Kagoshima)

長島町水産振興シンポジウムの懇親会で,当地の郷土料理である「イギリス(いぎりす)」料理をいただきました。町役場のY課長が特別にお願いして下さった一品ですが,懇親会場の厨房の方は「お葬式のときに食べるあれ?」といった様子だったそうです(笑)。

鹿児島県長島町の「いぎりす(イギリス)料理」
After the symposium of the Hijiki-Aquaculture in Nagashima Town, Kasgoshima Prefecture, I had a chance to eat a local seaweed dish that was made from Hypnea (red algae).

「いぎりす」と聞くとヨーロッパの国名を想像しますが,海藻の地方名です。紅藻の「イギス」の方言と考えられますが,採取しているのは(種名としての)イギスではなく,イバラノリ類です。鹿児島県長島から熊本県天草,島原半島一帯で「いぎりす」という海藻地方名が通用し,初夏にイバラノリ類を乾燥させているのを見ます。カズノアミジが多いようですが,複数のイバラノリ類の総称のようです。

ちなみに,「イギス」自体も細い糸状紅藻の総称なので,愛媛県などの「イギス料理」もイバラノリ類を材料に使っています。

椎茸や人参などを入れこむ場合もあるようですが,今回食べたのは「いぎりす」のみのものでした。酢味噌をあえておいしくいただきました。

Local people calls it as "Egirisu" in Japanese. Its pronunciation in Japanese is completely same with Japanese name of "England".
Local people harvested it in early summer, and dried it on the beach. Formerly, it was an important local food that can preserve for long-term, and was served at the special occasion. Taste is good.
There are some similar foods in the island and peninsular parts of Kumamoto and Nagasaki Prefectures.